iphoneは発売以来、現在まで日本国内で高い人気を誇っています。洗練された美しいデザインと機能と操作性の高さが非常に魅力的です。普段は便利で役に立つデバイスなのですが、悩んでしまうのが新機種への買い替えのことです。買い替えをするときは、携帯ショップでそのまま下取りをしてももらう方が多いのではないでしょうか。たしかに、下取りをしてもらうと手間もかかりませんし、新しい機種の購入代金にも当てられます。ですが、引き取りをすると現金ではなくポイントとして受け取ることになり、現在契約をしているキャリア以外では使えません。このようなこともあり、現在買取業者に売る方が増えています。業者に売ると現金を受け取ることもでき、下取りに出すよりも高く売れる場合が多いです。

高く売れる業者を絞り込んでいく方法

iphoneを買取業者に売るときは、査定額に違いがあるので業者選びは慎重に行いたいものです。各業者のホームページ上には、おおよその査定額が掲載してあります。この金額を参考にしてまず比較することから始めましょう。業者によっては使用感に応じランク付けをして、おおよその査定額が掲載しているところがあります。それに、付属品の欠品状態や液晶の状態で減額される金額を表示しているところも多いです。この他にも、中にはオンライン上で簡易的な査定を受けられるところも存在しています。このような簡易査定や減額される金額や自身の愛機の状態を確認していけば、おおよそ高く売れる業者を絞り込んでいけるでしょう。業者によっては最低買取表額を提示しているところがあるので、こちらも参考にするといいでしょう。

査定を受ける方法と査定前の注意点

iphoneの買取方法は、店舗に持ち込む方法と宅配で業者まで届ける方法があります。ですので、店舗が近くにない場合でも利用が可能です。宅配で届けることになりますが、査定額が不満な場合はキャンセルもでき安心して申し込めます。店舗に持ち込んで売る場合はその場で現金を受け取れるので、自宅近くに店舗があり急いでいる方はこちらの方法がおすすめです。また、査定を受ける前には気をつけておくことがあります。iphoneを売る場合付属品の欠品状態で査定額に大きく差がつきます。査定を受けるときは、イヤホン、充電ケーブル、説明書、箱等の付属品は忘れないように気をつけてください。あわせて、査定前には一度きれいにクリーニングをしておくことをおすすめします。業者では購入した品物を中古品として販売しているので、品物の外観には厳しく注意を払います。