新しい機種に買い換えたとき、使わなくなったiphoneは下取りに出すよりも、買取専門店に持って行ったほうが高く売れます。多くの専門店では店頭だけでなく、郵送でも買取を受け付けているので、忙しい方でも時間をかけずに利用できます。ネット査定を使えば大まかな相場がわかりますが、機種や状態によって査定額は細かく変わるため、いろいろな業者を比較してみることがポイントです。もちろん未使用品であれば、最も高額の査定が期待できます。中古であっても状態が良く、付属品が全部揃っていれば、それなりの値段がつくでしょう。しかしガラスや液晶が割れていたり、傷や凹みがあったり、バッテリーに不具合があったりしても、買い取ってくれる店はあるので、諦める必要はありません。

急いで決めずにじっくりと話を聞く

iphoneは古い機種でも一定の人気があるため、思ったより高い査定額がつく可能性もあります。しかし高すぎる買取額を表示している店には、注意したほうがよいでしょう。たいていの店では買い取れる上限の額を表示しており、傷などの状態に応じて減額されていくのが普通です。現物の査定を受けた結果、最終的には他の店より安くなってしまう場合があります。商品を郵送した後で後悔しても始まりません。こうしたことを防ぐため、iphoneを売るときは急いで決めてしまわずに、いろいろな業者から電話やメールで話を聞いてみましょう。もちろん店頭に持ち込むときも、焦らずに様子を見ることが大切です。とにかく売却を急がせる店や、店員の対応が気に入らない店は、敬遠したほうが良いと言えます。

細かい条件のチェックも忘れないで

分割払いがまだ終わっていない場合でも、店によっては買い取ってもらえます。また一般人だけでなく、企業から大量のiphoneを買い取っている業者もあります。まったく動かないジャンク品も含めて、いろいろなルートで売ることができるので、まずは受け付けている店を探してみましょう。なお郵送の際には必ずSIMカードを抜き、個人情報を消去するよう気をつけてください。専門店が自宅の近くにあれば、出張買取サービスを受けられることがあります。また郵送料は業者や売却金額の大小によって、有料の場合も無料の場合もあります。細かいことかもしれませんが、お金に直接かかわってくるので、事前に確認しておきましょう。店ごとに条件のチェックを忘れないことが、高額で売却するコツです。