社用に法人カードを活用する

会社などで、業務を遂行する際には、その経費に関して必要経費として計上するのが一般的です。しかし、支出そのものに関しては、個人単位の業務については、現金などで支払うことが少なくありません。しかし、個人で買い物をする際にクレジットカードでポイントをためたり付帯サービスを利用できたりするように、法人カードを利用することで、同じような特典を受けることが出来ます。この場合、個人でのカード利用に比べて、総合的な利用金額が大きくなることから、付帯サービスについても、グレードの高いものを期待することが出来ます。ポイントについては、同じ出費に対して、会社へのリターンと考えられますし、付帯サービスについては、実際に業務を遂行する社員のモチベーション向上に役立ちます。このような、法人カードの利点を積極的に活用するべきです。

法人カードを使いこなす

今やクレジットカードは生活になくてはならないものの一つです。個人的にも通販利用の際にはかかせない必需品ですし、海外旅行には欠かせません。また、仕事をするうえでも現金決済よりもクレジットカードでという場面が多くなってきているようです。接待の場でも、大切なお客様の前で現金をちらつかせるのもなんですし、手持ちがなくてチャンスを逃す、ということのないように常に携帯しておきたいです。特にビジネスに特化した法人カードを持っているとなにかと便利なようです。経営者の人にとってはプライベート用とビジネス用をはっきり使い分けることが出来ますし、色々把握がしやすいということになります。現金の場合もそうですが、私用の財布とビジネスの財布が混同してしまうのはあまりよい習慣ではないですので、ビジネス用のクレジットカードを活用したいです。

法人カードの素晴らしいメリット

ダイナースクラブカードは日本で最初の素晴らしいクレジットカードです。入会基準はとても厳しいですが、その分メリットが大きいです。たとえば年齢33歳以上、勤続10年以上の役職者または自営10年以上、自家保有などの条件が挙げられています。しかし、これはあくまでも目安なので、必ずしもこの条件を満たされていなければいけないというわけではありません。医者や弁護士など、職種によってはこの条件を満たしていなくても良い場合があるからです。メリットしては現在、ポイントカードの交換や、アーティストプログラムへの参加、ダラーレンタカー優待、などが挙げられます。今登録すれば20000ポイントのプレゼントがもらえます。代表者1名様からでも申し込めるコーポレートカードなどがあり、法人カードとしてうまく活用出来ます。企業に適した法人カートど言えます。