法人カードを使用するメリット

法人カードを取得するメリットはどのようなことがあるでしょうか。まず、法人のカードを皆で共有することで混乱を防ぐことが出来るメリットがあります。つまり、法人用と個人用の区別を明確に出来ます。また、個人のお金を使って立て替えなければならないこともなく、清算がとても簡単ということもあります。そして、もし現金での支払いをしていた場合、そのお金を清算しなけばなりません。経理などが行う手間が大幅に省け、生産性が向上します。実は、これが一番のメリットだと言えるでよう。大企業になれば、毎日の生産金額は膨大になります。法人カードを渡しておけば、その支払い金額は引き落としで精算されますので効率が良いです。そして、カードによってはポイントが貯まるものがあります。法人の場合は支払い金額が大きいのでこのポイントも沢山たまります。

法人カードの大きなメリット

会社では法人カードを使用していますか。現金での支払いよりもとても効率の良いカードは、今どの会社でも有効利用しています。今までは現金で支払っていましたが、トラブルが付き物でした。例えば、清算時に計上漏れなどが発生することがあり、これが大きな金額だった場合トラブルとなってしまいます。こういったトラブルも法人カードをしようすればありません。毎月、同じ日に確実な金額で清算を行ってくれますので、トラブルはありません。そして、法人カードで支払いをした場合、引き落としがされるまでに支払い猶予があります。カードの場合最大90日間ありますので、その間銀行にお金が残っている状態になります。つまり、それにより会社のキャッシュフローがよくなります。また、カードに附帯されているサービスを使い例えば空港でコーヒーなどを飲むサービスなども付いてきます。

法人カードの選びか方と取得方法

法人カードにはどのようなカードがあるのでしょうか。会社で登録をする場合、その会社の規模にもよりますが頻繁に使用するこをが予想される場合は、レベルの高いゴールドカードなどを取得しておくことをお勧めします。こういったカードでの特典は、ホテルやそのホテルのレストランでの優待券が付属されていたり、野球観戦チケットなどが取得しやくすなる特典があります。お客様用に使用できたり、社員の福利厚生として使用出来ますので大きなメリットがあると言えます。また、ポイントやマイルを想定したカードの選び方も重要です。法人の場合は、使用する金額も大きいのでポイントやマイルが貯まるのがとても早いです。法人カードを取得する場合は、法人名義の銀行口座と印鑑証明書、そして履歴事項全部証明書があれば簡単に取得出来ます。ぜひ検討してみてください。