iphoneの買取はほとんどのリサイクルショップや、家電専門の中古買取店で行っています。ただし、注意するてんとして、いつ販売された型なのかという点や、購入時に入手した備品やアクセサリーがすべてそろっているかなどによって買取金額が左右されます。特に本体だけの場合では、全て揃った状態での場合と比べてかなり金額が下がってしまう傾向にあります。アクセサリーは限定で購入した場合や、携帯ショップ独自のプレゼントなども含まれているため、どちらかと言えば備品に重点を置いています。備品が揃っていても状態が悪ければ、価格は下がります。売る前の下準備は忘れない様に注意が必要です。また、下準備を行う事で故障が起こらないように、細心の注意を払って行う事が大切です。

知っておくべき金額アップのコツとは

iphoneを売る時には、金額アップの方法を知っておくだけで、損を減らす事ができます。これは下準備として行いますが、製品の故障に繋がらないように、触ってはいけない部分は避けて行いましょう。金額アップの下準備といっても、行う事は綺麗に掃除をするという事に尽きます。基本的には、画面フィルムなどを使用している場合を前提としているため、フィルムを使用せずに画面が割れてしまっていたり、擦り傷が出来てしまっている場合には対応していないので注意しましょう。塗装を剥がさないように念入りに汚れを落とし、角などの落ちしてしまった時についてしまった微細な傷がある場合には、状況に応じてパテなどを利用して傷を塞ぎます。iphoneの塗装に最も近い色を、爪楊枝などを利用して慎重に色を付けていき目立たなくさせます。ただし、目立つと判断した場合は、修正をしないようにしましょう。

売る前にしておくべき事を把握しよう

基本的には、売る物に手を加える事をせずに、簡単に汚れを落とすだけに留める事が大切です。下準備をするにあたっては、ほんの小さな傷や修正したい場所が目につきにくい部分のみ行いましょう。また、売る前には個人情報を残さないように必ず全てのデーターを削除しておく事が大切です。また、iTunesのデーターが残ってしまっていると、購入した方が使用できない状態になってしまうので注意が必要です。取引金額に関する比較として、限定色や容量によって左右されます。特に最新シリーズであれば約2万円から3万円未満での取引になりますが、備品を含め状態が良い物に限ります。また、SIMフリーを導入したiphoneでは、特に人気があるため高価取引が行われています。自分の持っているシリーズがどのランクにあるのかを簡単に知るためには、リサイクルショップや買取専門の店を集めた比較サイトを利用するといいでしょう。